転職して年収が下がるのを回避する方法

なぜ転職したら年収が下がると言われているのか?

転職行う際、仕事内容は当然ながら年収を下げたくない、という方が大半だと思います。
しかし残念ながら実際は転職を行うと年収が下がってしまうことが多いです。

理由としては、未経験の人を採用すれば1から教育が必要になり、即戦力になるまで時間と資金が必要になるためです。
前職で同業種を経験していれば別ですが、未経験の職種に転職する場合の大半はもともとの仕事がよほど低賃金でない限り年収をアップさせることは難しいです。

また、前職で実績がある場合も転職してすぐは高い給料をもらうことは非常にハードルが高いです。
入社後スキルが認められて初めて、給料のベースを上げてもらうことが可能、という場合が多いです。
中途採用の場合は新卒で入った会社を辞めている、もしくは複数回職を変えているということになるので採用する側も辞めてしまうのではないか、というリスクを多少背負うことになります。

ですので新卒採用とは異なり実力によって給料が決められる、というイメージになり、基本的には給料が下がることが大半です。

転職して年収が下がるのは、キャリアを生かせていないから?

以前の日本では、終身雇用が当たり前でしたが、最近ではその習慣がなくなり、諸外国と同じく転職することが当たり前の時代になってきました。

転職希望者の理由は、さまざまありますが、現在の勤め先よりも、給料ややりがいなどのもっと良い条件の会社で働きたいという理由からになります。今まで培ってきた知識や経験を活かし、転職をする人が多いと思いますが、残念ながら次の会社では新人となり、会社の規定などで、本人の希望する前職よりも多い年収になることは、稀になってしまいます。

結局は、年収が下がることになり、それが理由になり、また次の会社をと考える人もたくさんいます。転職を考えるならば、年収が下がることをよく理解して、今までのキャリアを十分に活かして働けば、将来的に収入も増えていくことになります。よって、収入が下がるのは、必ずしも、今までのキャリアを行かせていないからだけではないのです。会社を変えたほとんどの人は、収入ダウンになっていると思います。

転職して年収が下がるのを防ぐには、年収交渉が重要

中途面接を受験し、最終面接(役員面接)を突破すると企業から内定を頂くことが出来ます。
その後、人事部と受験者で年収や契約内容について協議が行われます。
募集要項に年収は記載されていることが多いですが、前職の経験によって査定されることが多いので、具体的な記載はされていないケースが多いためです。

同業界内での転職や、同業種での転職だと年収交渉を行うことも出来ます。
「自分はこのような経験、資格を保有しているので、前職より高い給料がほしい」という要望を具体的にだすことが重要です。
ポイントとしては、すぐに活かせる経験を説明することです。

即戦力として会社に貢献出来るポイントを伝えることが、交渉のためには一番近道になります。
逆にあまり要望を言わず転職先の規定にそのまま従うと給料が下がるケースもあるので、しつこく言い過ぎるのはNGですが、実績を伝え「可能であれば現職より給料を保証してほしい」というスタンスで交渉するのがオススメです。

年収が下がるけど残業が少ない仕事に転職すべきか

今の年収よりも下がっても生活レベルにあまり支障がないなら、年収が下がるけど残業の少ない仕事に転職してみるのも手でしょう。

現職場の収入は高くても、勤務時間で計算すると平均より低いという話はよくあることです。
勤務時間が長くなってしまうほど、それに比例して自分の時間はなくなっていきます。
家に帰ったら食事・入浴をしてあとは寝るだけという生活では面白みがありません。

高収入を得られるのは大きなメリットでしょうが、それと引き換えにデメリットが発生する場合もあります。
メリットとデメリットを天秤にかけて、どこで折り合いをつけるかが重要となります。

残業の少ない仕事に転職したいけど、年収が下がるのは避けたいという方は、転職サイトで同程度の収入を得られる職場で残業が少ないところを探してみましょう。
今よりも高待遇の職場は、探せばいくらでも見つかります。
転職サイトの非公開求人、新着求人などは高待遇案件が多いので見逃せません。

年収が下がるけどやりがいのある仕事に転職すべきか

業務内容と年収はどの業界でもほぼ一定の水準があり、スキルや経験を活かすことが出来る仕事であれば年収は高くなる傾向があります。

ただし、自分のやりたいことや夢を叶えるためには年収が下がるケースも多く見られます。
たとえば金融機関に勤めていたが昔から服が好きでアパレル関係に転職すれば、ほぼ間違いなく給料ベースは下がることが予測されます。

しかし、職場にはほぼ週5日出社し、人間関係がいくら良好であってもある程度の仕事のやりがいがなければ全てを割り切って働くのはとても難しいものです。
また、給料が下がってしまっても仕事のやりがいがあれば精神的に満たされ、余計なストレスを感じないことで幸福感を得られる場合もあります。

この際判断するポイントとしては、自分がその仕事にどれだけ興味あるのかしっかりと分析をすることです。
転職をして、すぐに飽きてしまいやりがいを失ってしまうと元も子もないので、長期間やりがいを得られるかどうか考えて職を選ぶようにしましょう。

コメント 停止中